ホーム  >  サポート  >  植松晃岳(うえまつ あきたけ)

サポート

植松晃岳(うえまつ あきたけ)

プロフィール

北アルプス山麓、安曇野に生まれ育つ。少年の頃、高山蝶を追いかけて山に分け入り、そのまま山と自然と生き物に関わり続けて現在に至る。現在山岳ガイド、ネイチャーガイド、古道ガイドなどとして、山をトータルに歩く。ライチョウ、猛禽類、カモシカなどの調査や観察会も行っている。
 


製品インプレッション


【エルブルース GV】

まずデザインがいいと思った。真っ赤な靴紐の青い靴。しかもその青は、穂高の空にふさわしい深いブルーである。衝撃のブルーだった。ベロが柔らかく柔軟性があるので、何の抵抗もなくスムーズに足入れすることができる。そして肝心の履き心地は、足と靴が一体になったかと思われるほどフィットする。スエードレザーのなせるワザであろうか?
また堅めのビブラムソールは、岩場でも雪の上でも安心だ。とにかく足首が楽で、フィット感があり、作りが堅固な、安心して履くことができる一足といえる。女性用はカラーがライムグリーンで、ファッショナブルな逸品といえる。


【シラーズ GV】

ガイドという仕事から、毎日のように山を歩いている。しかし山の表情は場所と季節でいつも同じとは限らない。特に北アルプスはそうだ。 アプローチの長い平坦な道をひたすら歩き、ガラ場の急登をこなし、岩の稜線にたどりつく。ひんやりとした岩に触れた時の喜びとときめき。それを支えてくれる相棒がシラーズだ。長い道も、急な登りも、微妙なスタンスも、とにかく道を選ばない。どこでも安心して一歩を踏み出すことができる。しかも軽くて、頑丈で、履きやすくて、まるで足と靴が一体になったかのようだ。この靴があればどこでも登ることができる! そう思わせてくれる靴。そしてしなやかさの中に強さを秘めている靴。それがシラーズだ。

  • エルブルース GV Men's

    エルブルース GV Men's

    抜群のフィット感をもち、3,000m級の岩場の縦走や残雪期の登山も対応可能な山岳モデル

    MORE INFO

  • シラーズ GV Men's

    シラーズ GV Men's

    3,000m級の岩稜縦走に対応するクライミング性能と軽快な歩行性能を両立した無雪期用モデル

    MORE INFO



このページのトップへ